COLUMN

自賠責保険の補償内容を確認する

自賠責保険って強制ですよね?とよく聞く言葉ですが、皆さん自賠責保険の内容ってご存知ですか?2020年4月1日改訂により、保険金額が変更になっております。この機会に自賠責保険について、学んでみるのはいかがでしょうか?


自賠責保険は強制なので、車、バイクを所有していると、必ず加入をしないといけない保険です。


自賠責保険に加入していないと、
<1年以下の懲役or50万円以下の罰金+免許点数6点=免許停止>

と、重い罰があります。

 

また被害者を死亡させてしまった場合、3,000万円を自腹で払わないといけない措置がとられています。
(任意保険に加入していているのが前提です。任意加入に加入していないと、更に多額の金額を支払う必要があります。)


もし、事故を起こしてしまったら、保険の更新を忘れていたとか、手続きが面倒だったと言っても後の祭りになります。


更新漏れがないよう1年に1度自身で確認をするという方法を習慣にしてみてはいかがでしょうか?


次は、保険金について押さえてみましょう!

交通事故による被害者救済という観点を備えた自賠責保険ですが、治療費合計120万円が限度となります。

 

<治療費>

治療に要した必要かつ実費の支払い

<看護料>

原則12歳以下の子供に近親者等の付き添いや医師が看護の必要性を認めた場合の入院中の看護料(1日4,200円)や自宅看護料通院看護料(1日2,100円)これ以上の収入減の立証で近親者19,000円それ以外は地域の家政婦料金を限度に実額の支払

<諸雑費>

入院中に要した雑費(原則として1日1,100円)

<通院交通費>

通院に要した必要かつ妥当な実費

<義肢等の費用>

義肢、義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖の必要かつ妥当な実費が支払われる(眼鏡に関しては50,000円限度)

<診断書等の費用>

発行に要した必要かつ妥当な実費

<文書料>

印鑑証明代、交通事故証明書代、住民票などの発行手数料

<休業損害>

事故の傷害で発生した収入の減少(有給休暇の使用、家事従事者を含む)。1日6,100円が支払われ対象者の傷害の状態これ以上の収入減の立証で19,000円を限度として、その実額が支払われる

<慰謝料>

交通事故による精神的・肉体的に関する補償1日辺り4,300円が支払われ、対象者の傷害の状態、実費治療日数などを勘案して、治療期間内で決定。治療費とは別に、死亡の場合1名辺り3,000万円、後遺障害75万円~4,000万円(障害等級による)

 

 

上記の金額が多いと思うか少ないと思うかは個人の感覚によって相違しますが、過去こういった判例もでています。自賠責保険だけでは、守れない時代なので、自動車保険の加入はセットで、加入が必須だと思います。
【判例】
平成18年 38歳ドクター死亡 支払額:3億6,750万円
平成23年 41歳ドクター死亡 支払額:5億2,853万円
平成23年 20歳学生後遺症  支払額:3憶9,510万円

 


最後に、私の経験です。

 

昨年2月に、自転車(私)車(相手)、T字路からでてきた車(一旦停止せず)に、当てられました。自転車新品だったのですが、幸い傷等つかなかったので、自転車の請求はしませんでしたが、(自賠責保険では物の保険は対象外です)。

 

時間が経つにつれ、打撲部分の痛みがでてきました。相手さんはその場で示談をしょうとするのですが、ここで示談をしてはダメです。必ず警察を呼んで、現場検証をして下さい!警察を呼んでいるか?いないかで後に大きな影響があります。

 

保険料が高くなるから、等級が下がるから等々と自分の都合をおっしゃるのが、世の定め。幸いこの業界に長く携わっているので、自賠責の証明書をその場で写真をとり、相手の連絡先をゲットし、自賠責被害者請求を自分で対応致しました。少し面倒ではありますが、泣き寝入りはせずに済みました。

 

自賠責を使うのに、等級はないと言っても最後まで等級に拘っておられた相手さんでした。

 

打撲が引かず、4日通院し、慰謝料、文書料合計34,400円を相手の保険会社より、頂きました。

 

今回は病院さんの勘違いがあり、通常は治療費も自分で立て替えをするのですが、病院窓口で1円も払う事がなく、後日保険会社から病院へ直接治療費の支払いを頂きました。


私は、徒歩で行ける病院だったので、交通費の請求や仕事も休まずだったので、休業損害は発生しませんでしたが、痛みを我慢するのはよくないと思いました。

 

痛いなら、タクシーにも乗り、仕事も休むべきだと、事故を起こし実感しました。保険金の請求をするには必ず証拠が必要でありますが、交通費も休業補償もしてもらえます。

 

こういう部分1つ覚えておくと、自分が万が一被害者になった場合、役立ちます。

 

知識を持ちつつ、保険のアドバイザーを頼って頂きたいと思います。

 

<文責>

株式会社FPイノベーション

向井 由美子

 

ご相談については下記リンクよりご連絡下さい。

https://www.fpinnovation.jp/otoiawase

 

この記事に付いているタグ