COLUMN

コロナによる減収対策に「所得補償保険」を

11月に入り、新型コロナウィルス感染症者数が一気に増えてきました・・・

 

空気が乾燥する季節になるとウィルスの繁殖が増えてきますので、換気やうがい・手洗いは必須になりますね。

ウィルスは完全に防ぐことは出来ませんが、しっかりと予防はしておくべきですし、予防と合わせてプラスアルファの備えも必要です。

 

プラスアルファの備えとしては「所得補償保険」が有効です。

 

【所得補償とは・・】

病気やケガで働けなくなった時、始めに決めた月額の範囲内でお給料の代わりになってくれる保険です。

 

生命保険の医療保険や休業保障と違って、入院だけでなく自宅療養でも保険金支払の対象となります。

 

免責期間が短い保険会社で4日というのがありますが、だいたい7日ぐらいの免責期間はあります。免責期間とは、保険金支払の対象外となる期間のことで、免責4日であれば休業した期間が5日を超えた場合に保険金の支払対象となります。

 

例えば、新型コロナウィルス感染症に感染し入院をした場合は当然、対象となりますし、退院後に自宅で療養した場合にも保険金支払対象となります。ただし、新型コロナウィルス感染症の陽性反応が出ただけでは保険金支払対象とはなりません。あくまでも症状が出て仕事が出来ないと医師が判断した場合のみ保険金支払対象となりますので、ご注意下さい。

 

感染症を完全に防ぐことは困難なので、必要な予防や対策をするなかに、仕事ができなくなってお給料が減ってしまっても大丈夫な様に、所得補償保険での備えも検討して頂きたいです。

 

なおこの所得補償保険は、個人契約も出来ますが、会社が従業員の福利厚生として加入することも出来ます。

 

当然ながら新型コロナウィルス感染症だけでなく、あらゆる病気やケガで働けなくなった時にカバーしてくれますので、検討してみてはいかがでしょう?

 

〇PCR検査のご案内

PCRの検査がまだまだ受けられないと聞きます。

症状がないと受けられなかった、会社に陰性証明をださないといけない等々、お困りの方も多くおられます。

 

当社では、唾液から検査できるPCRキットを取扱しております。

 

これから需要が増えていくので、お早目にご用意頂くのもウィルス対策の備えの1つかもしれないです。

 

PCRキットはお申込み(住所・氏名・連絡先・メールアドレス、個数)頂き、送料ご負担になりますが、事前にお支払い後、PCR検査キットを送付させて頂きます。

 

唾液の採取を頂き、検査キットを返送頂き検査しますので、郵送等の時間が発生致します。冬本場になる前に、事前準備をお願い致します。

 

ウィルスに負けない冬にする為、備えられる部分は備えていきたいです。

 

なおPCR検査キットのお申込は下記お問い合わせフォームより「住所・氏名・連絡先・メールアドレス・個数」をご入力の上、お申込ください。

 

 

<文責>

株式会社FPイノベーション

向井 由美子

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に付いているタグ