COLUMN

Vol.10:令和3年の税制改正について(2021.01.05)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

経営者向け~FPI通信~

Vol.10:令和3年の税制改正について(2021.01.05)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ご契約者ならびに弊社スタッフと

名刺交換をさせて頂いた皆さまへ

メールマガジンをお届けいたします。

 

なお本メールマガジンがご不要な場合は

最下部に記載の解除URLより解除手続きを

お願いいたします。

 

─目次───────────────────────────

1.経営お役立ち情報

2.FPイノベーションからのご案内

3.編集後記

──────────────────────────────

 

┌─┐

│1 │ 経営お役立ち情報

└─┴───────────────────────────

 

〇令和3年の税制改正について

 

新聞報道等でご存知だと思いますが、

12月10日(木)に自民党より

2021年度の税制改正大綱が発表されました。

 

直接的に大きな影響のある改正案は

ありませんでしたが、

気になる文章がありましたので

ご紹介しておきます。

 

 

5.経済社会の構造変化を踏まえた税制の見直し

 

(3)相続税・贈与税のあり方

 

2) 資産移転の時期の選択に中立的な相続税・贈与税に向けた検討

 

 高齢化等に伴い、

高齢世代に資産が偏在するとともに、

相続による資産の世代間移転の時期が

より高齢期にシフトしており、

結果として若年世代への

資産移転が進みにくい状況にある。

 

高齢世代が保有する資産が

より早いタイミングで若年世代に

移転することになれば、

その有効活用を通じた、

経済の活性化が期待される。

 

このため、

資産の再分配機能の確保に留意しつつ、

資産の早期の世代間移転を

促進するための税制を

構築することが重要な課題となっている。

 

わが国の贈与税は、

相続税の累進回避を防止する観点から、

高い税率が設定されており、

生前贈与に対し

抑制的に働いている面がある。

 

一方で、現在の税率構造では、

富裕層による財産の

分割贈与を通じた負担回避を

防止するには限界がある。

 

 諸外国では、

一定期間の贈与や相続を累積して

課税すること等により、

資産の移転のタイミング等にかかわらず、

税負担が一定となり、

同時に意図的な税負担の回避も

防止されるような工夫が講じられている。

 

 今後、

こうした諸外国の制度を参考にしつつ、

相続税と贈与税を

より一体的に捉えて課税する観点から、

現行の相続時精算課税制度と

暦年課税制度のあり方を見直すなど、

格差の固定化の防止等に留意しつつ、

資産移転の時期の選択に

中立的な税制の構築に向けて、

本格的な検討を進める。

 

 

 

今回の改正にはありませんが、

相続税・贈与税の見直しについて

検討を始めるという一文が盛り込まれています。

 

 

生前贈与は資産の再分配として、

現役世代に資産移転が進むために

経済の活性化の効果が

期待出来るとしつつも、

贈与税の仕組上、

毎年実行すれば税負担を減らす効果があり

意図的な相続税課税回避も

可能になることを問題視しています。

 

実際に諸外国においては、

相続発生時に加算する

過去の贈与分は以下の制度となっています。

 

・アメリカ:過去分すべて

・イギリス:過去7年分

・ドイツ:過去10年分

・フランス:過去15年分

 

これに対し、日本は

 

・暦年贈与(毎年の贈与)は過去3年分

 

・相続時精算課税制度を活用した贈与は

過去分すべて

(相続時精算課税制度による贈与を行った年以後分)

 

今回の税制改正大綱では、

本文中にあるように今後、

現行制度を見直して

「公平な課税」がされる様に

検討していくとありますので、

令和3年につきましては

従来通りの制度が継続しますが、

令和4年以降は何らかの変化が

あることが予測されます。

 

こうなりますと、

少しでも早い段階から

効果的な生前贈与を

実施しておくのが良いと思われますが、

「贈与のやり方」を

間違えておられる事例が

多いのも事実です。

 

キチンと贈与と認定される様に

正しい贈与を行って頂くのと同時に、

一般的には知られていない

「生命保険を活用した特殊な生前贈与」

の方法もございますので、

ご興味のある方は是非、

弊社スタッフへお問い合わせください。

 

┌─┐

│2 │ FPイノベーションからのご案内

└─┴───────────────────────────

 

〇好評です!

遺伝子解析サービス「Genoplan」

 

以前よりご案内をしております

遺伝子解析サービス「Genoplan」について

多くの経営者・開業医・士業の先生が

利用されておられます。

 

ご自身の身体や健康についての

傾向を知っていただくことで

病気を未然に防ぐことも可能です。

 

まだ検査を受けておられない方は

是非ともこちらのページを

チェックしてみて下さい!

 

遺伝子解析サービス「Genoplan」

https://bit.ly/2CbIFBc

 

┌─┐

│3 │ 編集後記

└─┴───────────────────────────

 

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

弊社は本日が仕事始めとなりました。

 

今年も皆さまにお役立ち出来るよう、

スタッフ一同精進いたしますので

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

(奥田)

 

※弊社サイトではビジネスコラムを更新中です!

http://www.fpinnovation.jp/

 

※本メールマガジンに対するご意見・お問い合わせは

お問い合わせフォームよりお願いします!

https://www.fpinnovation.jp/otoiawase

 

☆★────────────────────────────

発行元:株式会社FPイノベーション

責任者:奥田 雅也

 

所在地:大阪市中央区谷町1-6-4

    天満橋八千代ビル5階

電 話:06-6910-1388

FAX:06-6910-1389

────────────────────────────★☆

 

今後メールを受信されない方は、

大変お手数ですが以下のURLより

配信解除のお手続きをお願いいたします。

 

<配信解除用URL>

https://bit.ly/2UGB4jo

 

なお、配信メールアドレスを変更して頂く場合は

上記の配信解除用URLより一度、解除して頂き

下記の配信登録用URLより再度ご登録をお願いします。

 

<配信登録用URL>

https://bit.ly/2xoOg4y

 

この記事に付いているタグ